学童保育で指導をしたときの話 第1話 着替えを覗かれてた?

大学の夏季休業期間中に、学童保育のアルバイトをしました。
学童保育についてごく簡単に説明すると、主に保護者が不在の時間帯に小学生の面倒を見るお仕事となります。
夏休みの期間は小学校がお休みとなり、その分仕事が増え人手が足りなくなるため、夏季限定の短期アルバイトを募集していたのです。
お給料自体は決して悪くはなかったのですが、想像していた以上にたいへんな仕事でした。

まず第一に、小学生がなかなか言っていることを守ってくれないことです。
なかでも男児はすぐに悪戯をしたり、暴れたり、勝手にいなくなったりなどなど⋯⋯
いくら注意しても同じようなことを繰り返してばかりいます。
かといって万が一のことを考えると放っておくこともできません。
そのため常に目を光らせている必要があり、毎日クタクタです。

そしてもう一つ、実はちょっと困っていることがあります。
それは一部の男の子たちがなんというかけっこうエッチだったということです。
小学生といえども、高学年くらいになると女性の体への関心がいろいろ芽生えてくるみたいですね。

「水着美女8時間ベスト」のサンプル画像
「水着美女8時間ベスト」
たとえばこの間も、ある男の子が買ってきたマンガ誌を読んでたんだけど、ページを捲らないでずっと同じページを見てるのに気がついたんです。
それでそんなに熱心に何見てるのかなってこっそり覗いてみました。
そしたらマンガ誌によく載っているグラビア水着のページだったんですね。
男の子は私の気配に気付くとすぐページを捲ってマンガを読んでたフリをしたけれど、バレバレでした(笑)

男の子だし性に興味を持つこと自体は健全なことだと思うけれど、問題なのは実際にエッチなことをしてくる男の子たちがいることです。
アルバイトを始めて気付いたのは、一部の男子がなにげによく体を触ってくることです。
始めは小さい子だし単に甘えてるのかなとも思ったのですが、それにしては触る場所とか触り方がなんかちょっとエッチなんですね。
たとえば一緒に遊んでいるときとかも、太ももとかお尻とかさりげなく撫でてきたりするんです。
それに私の見た限り、常勤の指導員の方にはそういうことはしていないんですね。
他の指導員は皆ベテランの年配の方で、子供たちの扱いもやっぱり手馴れています。
比べて私はバイトで経験もないし怒ったりすることも苦手だから、エッチなことをしてもだいじょうぶだと侮られているように思います。

ただこうしたことってやっぱりデリケートなことだから、注意するにしてもどう注意すればいいのかたいへん難しいです。
思春期の多感な子供たちだし、言い方ひとつでかえって傷つけてしまう可能性もあるし。
本来ならまず常勤の指導員の方に相談するのが一番だとは思います。
ただ私が働いている所は職員の数も少なく、皆日々の仕事で手一杯な状況です。
そのため、できればあまり負担をかけたくはありません。
それにこうしたことってなかなか相談しづらいというのもやっぱり正直あります。
そんなこんなで悩んでいるとき、あることがわかったのです。

ある日、子供たちを近所の公園で遊ばせていると男の子3人がベンチでなにかひそひそ喋っていました。
この3人は大の悪戯好きで、よく問題を起こしてばかりいるトラブルメーカーです。
また3人でなにか悪巧みでもしてるのではと不安に感じた私は後ろからこっそり近づきました。

「今日は何色だと思う?」
「やっぱ白かな」
「じゃ俺はピンク」
「まぁなんだかんだいって、いつも明るい感じの色が多いよな」
「だよな、たまには変化球で黒とかも見て見たい」
「さすがにキャラ的にそれはないだろ(笑)」
「でももし黒のレースとかだったりしたらギャップがあって逆に興奮するな」

好きなアイドルの衣装の話でもしているのでしょうか?
そのとき一人が私の気配に気付き振り向きました。
「ねぇ、今何話してたの?」
「別になんでもない」
そう言って三人はなんとなくばつが悪そうにそそくさと立ち去っていきました。
そのときはアイドルの話でもしているところを聞かれて恥ずかしかったのかなと思い、さほど気に留めませんでした。

それから数日経ったある日、私が台所で洗い物をしていると、窓の外から例の三人の話している声が聞こえてきました。

「⋯昨日は青か」
「たしかにちょっと珍しいね」
「今日は何色かな?」
「ピンク・ピンク・青ときたからそろそろ白かな」
「なぁいままで見てきた中で何色が一番好き?」
「うーん、ピンクも捨てがたいけどやっぱ王道の白かな」
「俺もベタだけどやっぱ白が一番だな、イメージとも合ってるし」
「そんでもって透けてたら最高なんだけど(笑)」

またアイドルの衣装の話でもしているのでしょうか?
でもなにかひっかかるものも感じます。
しかし三人はもう立ち去ってしまったため続きを聞くことはできません。
なんとなくもやもやしたものを感じながら仕事を続ける中で、ふと気付きました。

「自前下着図鑑23」のサンプル画像
「自前下着図鑑23」
⋯そういえばピンク・ピンク・青って、私が着てた下着の色と同じだ。

たしかに私は、一昨昨日と一昨日はピンク、そして昨日は青の下着を身に着けていました。
それに私の下着は明るい感じの色が多いし、黒のレースなんて着たことありません。
ということは、まさかいままでずっと着替えを覗かれてた!?

私は建物の中であまり使われていない一室を控え室として使わせてもらっています。
子供たちと一緒に遊んだりしながら面倒を見ていると、どうしても服が汚れてしまうため、仕事前・仕事後にそこで服を着替えています。
もしかしたらその最中にどこかから覗かれていたのかもしれません。
仕事前はまだ子供たちが来ていない時間帯なので、覗かれていたとすれば仕事が終わった後に着替えているときだと思われます。

そこで私は休憩中、控え室に怪しいところはないかチェックしてみました。
私は控え室として利用している部屋は、物置としても使われている部屋となります。
そのため壁面には棚なども設置されており、普段使わないものなどが雑然と並べてあります。
そこで私は棚の裏側にある擦りガラスの窓に目を留めました。
この窓は上げ下げ窓になっていて上下に窓を開ける仕組みになっています。
もしやと思って調べてみると案の定、下の窓が頭一つ分ほど開いていたのです。
棚の陰に隠れて死角になっており、これまで気付かずにいたのでした。
おそらくここから男の子たちが私の着替えを覗いていたのだと思います。
その前の棚段だけ不自然にモノがありません。
きっと見やすいように子供たちがどけたのでしょう。

私は窓をそのまま開けたままにして、実際に外から覗いてどう見えるか確認してみることにしました。
私は一旦控え室を出ると、裏口から外に出て控え室の窓のあるところまで向かいました。
控え室から直接窓の外には出られないため、どうしても少し時間がかかってしまいます。

「盗撮~着替え2」のサンプル画像
「盗撮~着替え2」
控え室の窓の外の周辺は木々に囲まれており、仮に人がいても気付きにくい構造となっています。
地面が部屋の床より少し低いため、窓の空いている部分の高さはちょうど男の子たちの視線の高さくらいでしょうか。
覗いてみると部屋の中がよく見えます。
着替えている私を想定すると、おそらくこの位置からなら首元から脚まで見えるはずです。
一方で上の棚板が隠してくれるので、私の目の高さからは覗いているであろう彼らを視認することはできません。
まさしく絶好の覗きスポットといえるでしょう。

状況を確認した私は、休憩時間もそろそろ終わるためそのまま仕事に戻りました。
そして仕事をしながら、このことについてどう対処するかについても考えました。
もちろんこのまま見て見ぬ振りをすることもできます。
でもそれは子供たちにとってもあまり良くないことのように思います。
子供たちが道を踏み外さないためにも、やはり一度話をしておく必要があるかもしれません。
そこで私は仕事が終わった後、控え室に直行せず、周辺の木々に身を潜めて男の子たちを待ち構えました。

  1. >> 第2話へ